洗濯がはかどる

2021年1月18日月曜日

寝れないときによむ小説

おー、すごいいい天気だなー。雲一つないじゃん。

こりゃお洗濯がはかどる。…まー自分で洗濯してないんだけれども。


さて。

最近暖かくなってきてみなさんいかがお過ごしでしょうか。この間までの極寒を考えればものすごい朝起きるのが楽。

なんだけれども今度は春眠暁を覚えずというのでしょうか、結局アホほど眠っててこないだ起きたら5時、昼の、ていうか夕方の。

さすがに目を疑った。

完全に一日がシュワッとなくなった。起きてすぐちびまる子ちゃん始まるなんて。オ・ト・ク。



いやオトクじゃない。すげーもったいない。

なんかいろいろできたかもしれないのに。いうてスマホいじってるだけで終わっただろうけれども。スマホいじってるだけで終わって、あーあ、て言いたかった。

あーあ、ていう権利すらなくなってしまったなんて。サザエでございまーすじゃねーんだよ。


はい、ぜんぶ自分が悪い。んなことわかってる。大人なのに寝すぎなんだよなー。



なんかあれらしい。

上向いて歩いてたらポジティブになれるらしい、てのをなんかのテレビ番組で見て以来、ランニングするときやら外歩くときはものすごい上見るようにしてる。


あいつパン食い競争してんじゃん、てくらい見上げて走ってるから、世間様ではパン食い人間みたいなあだ名がついてるかもしれない。

夜走ることもあるからこうなってくるともう怪人だよなー。怪人とまでいかなくてもまごうことなき不審者。


んで肝心の効果のほどだけれども、うーん、確かに下向いてるよりなんかこう走るのが楽しかったりはする。

単純に星見ながら走れるのが楽しいってだけなんかもしれないし、たぶんそっちの方がでかい。久しぶりにオリオン座っぽいの見た。あれがオリオン座なのかはしらん。


今日も日中歩いているときパン食い競争並みの角度で歩いてたわけだけれども、洗濯物がけっこう干してある。やっぱり洗濯日和なのは間違いなかったわけだ。


ポジティブになるのが早いか、首を痛めるのが早いかのチキンレース。

QooQ