NIBOSHI

2021年4月23日金曜日

寝れないときによむ小説

カップラーメンとか袋ラーメンってまとめ買いするじゃん。シーチキンと一緒にさ。


ん?しないって?え、まじ?まーいいや、する気持ちにいったんなってみてほしい。


んでカップラーメンとかをまとめ買いするわけじゃん。スーパーのカゴにたくさん放り込んでさ。

カップラーメンごとき、といえばそうなんだけどやっぱこういうささいな部分だからこそ挑戦心というか、新しいものを探求し続ける気持ちみたいなのが大事だと思うわけよ。

食べたことないカップラーメン、見たことないカップラーメン、4袋残してフィニッシュしたパクチー袋ラーメン。

パクチー袋ラーメンのようなハズレももちろんあるけれど、やっぱ毎回日清カップヌードルシーフード味だと飽きる。


んでそんな風にして買い集めた、もはやコレクションともいうべき、食べたことないっぽいカップラーメンたち。そんなカップラーメンが収まっている我が家のカップラーメン保管庫を見てて気づく。

あ、これやってんなー、と。


……



おれ、煮干しって言葉ついてたらだいたい買ってんじゃん。

んでダブりまくってる。


麺づくりかなんかの青っぽいパッケージの煮干しのやつなんて3つもあるじゃん。どうしてこんなに…。ポケットの中のビスケットかよ。

いや大きすぎて入らないか。


いやまー確かに煮干しワードに極端に弱いかもしんない。そう言われれば。

だいたい煮干しってついてたら食べたくなるし買いたくなるもんな。


  • 煮干しハンバーグ
  • 煮干しおでん
  • ポテトチップス煮干し味
  • 煮干しガム


煮干しガムはアレとして、でももし見かけたら一度はネタとして買うだろう。

それから煮干しハンバーグとかいうのは想像しただけでよだれがしたたり落ちるくらい頼みたいメニュー。


やばい、発見したかもしれない。

生ほにゃらら、京風ほにゃららに続く第三のプレフィックス(接頭辞、枕詞)を。


NIBOSHI、だ。

QooQ