うーんおかしい

2021年4月13日火曜日

寝れないときによむ小説

うーん、おかしい。

うまい棒が小さくなった気がする。口が大きくなったのかうまい棒が小さくなったのか。わからない。


いや、それじゃない。

世紀末」っていう記事が一番の力作、もうペン先つぶしながら筆圧濃いめで書いた超力作、ていうかそれ以外が便所の落書きすぎるんだけれどもなんかあんま読まれてない。世知辛いぜ。


なんだろう、やっぱパンツを奪い合うっていうクソみたいな設定が読んでいただけている方々の冷え冷えとした反応を引き出してしまっているんだろうか。うん、きっとそうに違いない。それ以外考えられない。

ならパンツじゃなくてなんかそういうブラジャーとか?にすればいいのかなー。


ただブラジャーを大男がしてるってのもそれはそれで読者の冷え冷えとした反応を引き出しそうだし、んじゃそういう靴下とか?にすりゃいいのかもしれないけど、靴下奪い合って何がおもろいねん、って話だしなー。

買えよって話だもんな、靴下なんて。100均で。


ちょうどいいのがなかなかない。


……



あー、へそピアスとかよさそうじゃん。ちょうどいい。でもなんかへそピアス奪い合うって血が出そうでヤだなー。

あれなんだよな、もうノーの頭になってるとなんでもいいから理由こじつけてノーに盛っていこう持っていこうするんだよな。何の話。

QooQ