ネオバターロールフジパン

2021年4月12日月曜日

寝れないときによむ小説

買ったときはそうでもなかったけどずーっと部屋着くらい適当に着てるうちに「あれ?この服けっこうよくね?」てなることなーい?


……



んなことない。と一蹴されたらそれまでだけれども、当然あるていで書いている。どっちが似合うと思う?で答えが決まってる系女子と同じである。

そうなんだよなー、よくあるのがユニクロとかアウトレットとかでアホほど安くなってるけどそんな好きじゃない、、あ、好きくないなーと思ったけどお得だからついでに買っとくかー、で買った服。

安かったしちょっと寒い時の羽織として部屋着できちゃってたりするけど、なんやかんやで外に着てくより部屋着着てる方が長くなっちゃって、一軍の服よりもそういうどうでもいい服の方がよく着てる感じになる。

んでなんかきまくってるうちにイイ感じにヘタってくるというか体にフィットする感じになってきて、冒頭で書いた「あれ?この服けっこうよくね?」という服下剋上が起こるのである。


下剋上。

そう。完全に一軍と思って買った服の方が着なくなる現象。


そうしてこのたび晴れて、というかまたしてもこの服下剋上が起こってしまった。価値の再発見ともいえるだろう。

ユニクロで買った無地のスタンカラーネルシャツ。部屋着にめちゃめちゃ着まくってたんだけど、最近イイ感じにダボッとしてきてなんともカッコいい。

休日にこれきてちょっと袖ロールアップさせて、んで小型犬でも散歩させたあと、パスタ作って缶ビールを下の方じゃなく上の方、フチの方に手オーバーハンドする感じで持って飲むとカッコいい、的な感じに仕上がってる。


んでネオバターロール。

急に出てきたネオバターロール。そんなダボッとしたカッコいい無地ネルシャツ着て。朝、オーブンでブンするじゃん。食べるじゃん。あっちあちじゃん。中のマーガリンが反対の先っぽから出てくるじゃん。

ネルシャツにボタボタかかるじゃん。


カッコいいネルシャツと思った矢先にネオバターロールフジパン。


洗濯してもシミはとれず、今あの手この手でネオバターロールフジパンの跡を消そうとやっきになっている。そんな春。


春のパン祭り、じゃねーぞ。たく。


……



あー、あれはヤマザキパンか。まなんでもいいや。

QooQ