妄想食べ物しりーず「たたかうマヌカハニー」

2021年2月21日日曜日

寝れないときによむ小説 妄想食べ物しりーず

たたかうマヌカハニーな。字ずらだけ見たら完全にほにゃららレッドとかの世界観。

マヌカハニーフラッシュ!とかいうのがあったりなんかして。


マヌカハニースプラッシュ!とかね。


……



は?である。

なにがマヌカハニーだ。いやマヌカハニーはいい。おいしい。甘い。なんかのどにいい気する。何がマヌカハニークロスチョップ!だ。クソおもんない。あークソおもんない。けしからん。顔の皮ブルブルいわせて全力で拒否の姿勢を表明したい。


たたかうマヌカハニー、おいしい。

あのか弱いマヌカハニーがけなげに戦ってる。ぼくも戦わなくちゃ!と思うじゃん。逃げちゃだめだ!逃げちゃだめだ!て思うじゃん。


……



いや、考えたらそんなことまったく思ってない。言ってみたかっただけ。けしからん。両手をぶるんぶるん振って体全体で拒否を示したい。


こうやって適当に書いてるとき何を思ってるかって?


そりゃもういい感じの着地点を全力で探しながらですね、まるでそう、走馬灯みたくですね、脳をフルに回転させてですね、考えてるわけですが、


どうやら今日のはこれは上手い事着陸するのはできそうかできなさそうかでいうと、ちょい無理かなー、イヤいけるかなー、うーん、あれいけそう、あ、でもちょっと頭かゆい、無理かも。あーこのかゆさ無理なやつちゃう?


まー無理。


……



終わると思ったかもしれないが、まだ続く。


いやウソもうムリ。たたかうマヌカハニーとかものすごく面白くなりそうなのにぜんっぜん。まさかマヌカハニーフラッシュがピークと思わんかった。2行目よそれ。

QooQ